為替

GBPUSDダブルトップ??|為替分析

この記事では、2021年05月26日午前1時現在のGBPUSDチャートから、
今後のシナリオを想定していきます。

現在、成行でダブルトップになっていますが、
これは優位性があるのかどうか、見ていきます!

2週間前にGBPUSDに対する記事を書いていますので、
ぜひそちらも併せてごらんください!

今後の想定シナリオ

まず、今後の想定シナリオです。

  • 上昇シナリオ
    • 現在高値を超えて、月足ダブルボトムネックラインまでの上昇
  • 下落シナリオ
    • ダブルトップ形成からチャネル下限への急落

以上です。

どちらにしても、マクロの売りの厚い抵抗帯は目の前ですので、
ロングショート共に乱高下に巻き込まれたりする、事故には注意です。

チャート分析

月足

月足では、しっかり高値を切りそろえており、
前回の急落前水準の実体始値までは来ています。

また、すぐ上には、急落前水準高値をが控えており、
直近はマクロ売りの厚い抵抗帯に接しているといえます。

一方、直近の値動きは、
力強い上昇トレンドで推移していたため、
安易なショートは飲み込まれる可能性があるため、
リスクを抑えて戦う必要があると思います。

月足で明確に見えるチャネルがある以上、
なかなかショートしずらいですが、
ショート狙うならここのダブルトップかなと思っているので、
引き続き監視対象にしたいと思います。

週足

週足で見ても、これとないくらいしっかり高値を切りそろえているうえ、
高値への試し方も、上昇圧力を弱めながら試しているため、
反発は免れないかと思います。

しかし、この反発が、
チャネル下限まで届くかは別問題です。

反発時の圧力や規則正しさが、
その明暗を分けると思います。

一方、週足チャネル下限では、
U字を形成していることが確認できます。

このU字とダブルトップの戦いですが、
月足でダブルトップに向かう足が確定すれば、
ダブルトップになる可能性が高くなると見ています。

あとは、ダブルトップ単体の優位性判断になってきますね。

このあたりは、もう少し時間を待たないといけません。

今は、大きく動くその時を狙って、静かに獲物を狙う時期だと思います。

日足

日足で、直近の高値への試し方を見ると、
やはり、上昇圧力を弱めながら高値に試していってることが分かります。

今日の足が、上髭陰線で確定すれば、
短期ショートエントリーを検討します!

一方、確定で陽線コマなどになった場合ですが、
この場合もショートをするつもりです。

というのも、先週足確定までの流れから、
今週高値更新になる足があまり想定できないという点があります。

また、直近の日足も上昇継続に必要な燃料がたまっていないため、
上昇に転じられる格好じゃないかなと思っています。

あと、一番重要なことを言うのを忘れていましたが、
このチャネルセンターラインと前回高値のコンセンサスでダブルトップを作る形は、
チャネル下抜けの超鉄板パターンという点から、
ショートを検討しています。

一方、このダブルトップは実は週足ではまだ確定していないため、
週足以上を見ている投資家への意識のされ方は限定的であるといえます。

今週足が上髭を付けて陰線になると、週足でダブルトップ形成され、
来週月曜日には月足が確定するため、より下落に意識が傾くことも想定されます。

この高値を超えるとロスカットを巻き込めるため、
今は本当に分岐点ですね。

まとめ

今回は、GBPUSDについて、考察してみました。

今日の引け方次第では、
今月頭くらいまでの値動きを狙ってショートエントリーをします!

また、このポジションを持った場合は、
進捗を報告していきますので、
チェックお願いします!

最後までご覧いただきありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA