取引戦略

SILVER一過性上昇形成について

この記事では、JUMBO自身がエントリーして、
負けトレードになってしまった取引から得られた考え方を、
SILVER取り引き及びチャートを基に紹介します!

今週のSILVERの戦略はこちらの記事にまとめています。

ここに書いてあるSILVERロングシナリオである
「日足レベルで見える右肩のレンジを日足確定で上抜けに優位な形」が重要です。

SILVERチャート

月足

月足は、急騰後広いレンジを形成中です。

先月高値を現在少し更新して上髭に少しなっている状況です。

※以下、2021/05/03記事抜粋

レンジ上限及び下限は明確ではあるが、現在そのレンジ下限を切り上げるかどうかが焦点になってきます。

4か月前の下髭陽線ピンバーの安値を月足実体が割らなかったことが
すこしポイントかなと見ています。

週足

週足

週足では、直近下降ウェッジ上抜けから逆三尊を見せてきています。

この逆三尊のネックラインを寄り付きから早速上抜けてきて現在上髭になっています。

今回はここの値動きに注目していきます!

日足

日足

日足で見るとこのようにネックラインを陽線で超えた後、
すぐに急落に転じています。

ここで自分はロングしてしまい、ロスカットになりました。

一過性になった要因

この上昇に短期的な継続優位性がなく、すぐに下落になった原因をまとめます。

燃料不足

2021/05/03の記事の中で、ロング戦略のエントリーポイントとして書いた内容がこちら。

EP:日足のチャートで示したように、右上がりトレンドラインを割ってきて、
  左肩の安値水準を割って来たらその後の戻りを見てショート

これに対して、今回の上抜けの仕方がこちら。

水色や、赤色の節目を明確化があったかどうかを見ると、
一切ないことが分かります。

この結果、大衆がロスカットを置いたり、
逆指値でのエントリーを置く節目が出来る前に上がってしまい、
結果的に燃料が足りず失速してしまいました

これが、一過性になった要因かと思います。

※今後今の水準からもう一度上がるかどうかは、また別の話になります!

エントリー根拠とミスの原因

では、なぜエントリーしたのか。

それは、日足のパワーバランスの変化や、
機会損失に焦ったということです。

「これ一過性になりそうやけど、上昇したら力強くなるかもな」
という感覚でエントリーしてしまいました。

また、一過性になりそうと思いながら、
一過性とはいえもうちょっと伸びるだろうという希望的観測を持ったことも要因の一つです。

この、一過性というのが自分の課題の一つだというのは、
以前から把握していたものの、
その取引優位性について言語化してルールを決めておらず、
今回も一過性要因は見つかっているのに、
短期の値動きに焦って入ってしまいました。

ということで、取引優位性のない環境に
「一過性要因が一つでも見つかった場合」
という項目を追加しました。

以前から、一過性の値動きの場合、
どこで上げどまって、戻してくるのかわからないから難しい
という話をYouTubeLiveでしていたのですが、
それでも短期の大きな陽線確定などでエントリーしてしまっていました。

まとめ

今回は、自分のSILVER取引のミスから得られた
新たなルールなどについて紹介してみました。

一過性の値動きの場合、
逆張りが優位なことが多くなってきますので、
取引スタイルが短期の場合は、
そのように使ってみてもいいかと思います!

最後までご覧いただきありがとうございました!

Twitter

YouTube

Instagram

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA