為替

GBPUSD上昇一服か?(2021/05/13)

この記事では、2021/05/13の午前1時時点のGBPUSDのチャートから
今後上昇継続するのか、それとも上昇は終わってしまうのかを、
チャート分析から考察していきます。

今後のシナリオ

まず、結論から申しますと、
GBPUSDの上昇は、

「まだ継続する」

と見ています。

その根拠を、以下で紹介していきます。

チャート分析

月足

月足は、このように明確な上昇チャネルを形成中です。

直近の方向性を分けるポイントは、このチャネルになってくると見ています。

そして、現在このチャネルの上で月足レベルで規則正しく推移しています。

規則性については、こちらの記事にまとめていますので、
合わせてごらんください!

基本的には、この上昇チャネルを月足実体で下抜けるまでは、
ロング戦略が軸になってきます。

週足

週足でも、上昇チャネルはしっかり確認できると思います。

今後売りの厚い抵抗帯になるのは、上二つの青い節目と見ていますが、
現在の上髭は買いチャンスかなと見ています。

なぜなら、

どの売りの厚い抵抗帯にも届いていない

からです。

チャネル下抜けを想定するなら、
最低でも週足直近の上髭陰線ピンバーの高値
チャネルのセンターラインがコンセンサスする水準
高値をほぼ切りそろえる形まで上げてから反発になることが最低条件かなと見ています。

日足

日足ではこのように短期的に頭を押さえつけられる形になっています。

ですが、先ほどの月足及び週足を見てもらうと、
対した下落でないことはご理解いただけるかと思います。

これから週引けにかけて、
この週足をどのように引けてくるのかを想定しながら、
今週末に向けて戦っていきたいです。

想定では、このチャネル下限でのU字の抜け方が、
少し遠い水準からになっているので、
ネックライン近辺まで一度調整するのではないかと見ています。

4時間足

現在の短期的な下落は、この4時間足の三尊によるもので、
見ての通りあまりにも規模が小さすぎることがわかります。

このことからも今の下落は一過性で終わることが想定されます。

まとめ

以上より、今後GBPUSDの上昇は

「まだ継続する」と見ています。

参考にしていただけると幸いです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA