為替

今週の取引振り返り(2021/04/11~)

今週の取引内容

今週の取引内容は以下の通りです。

詳しくは、昨日の記事「週間収益レポート(2021/04/11~2021/04/17)
をごらんください。

-4176円になりました。

それでは、今回は「GOLD・SILVER・AUDNZD」の取引について、まとめます。

動画でもまとめていますので、そちらもご覧いただくと分かりやすいかと思います。

取引振り返り

GOLD

取引内容

取引内容は、以下の通りです。

エントリー時間取引種別数量価格決済時間決済価格損益
2021/04/12 15:03:08buy0.021744.812021/04/12  15:20:401742.17-577
2021/04/12 15:03:18buy0.021745.132021/04/12 15:20:401742.18-645
2021/04/15 17:15:50buy0.011764.252021/04/15 17:25:481764.7756
2021/04/15 18:34:15buy0.031767.252021/04/15 18:45:241768.41199
2021/04/16 13:02:19buy0.011771.392021/04/16 17:00:141773.46225

上二つは、1トレードで損切。
下三つは、微益トレードで終えました。

出てきた課題は、値動きについて一点。
戦略について二点です。

値動きについての反省

まず、値動きについてです。

GOLD4時間足

赤線上がエントリー。下がロスカットです。

戦略的は、押し目狙いで右上がり三尊の形から三尊否定する流れで上げていく
というシナリオを立てていたのですが、
結果的に三尊が一過性下落を作ってから切り返してくる流れでした。

この一過性下落を作る三尊と右上がりでそのまま否定していく三尊の見極めが出来ていません。

次の記事でSILVERを取り上げますが、そこでも2度一過性下落にやられています。

さらに、いうと一過性形成時は一過性ということをわかりながらも、
再エントリーできていないというところです。

このあたり、再度三尊逆三尊の検証をした上で
根拠を明確にしていかなければなりません。

もう一つは、逆デルタの優位性判断ですね。
これはAUDNZDで書きます。

戦略についての反省

後ろ三つはいずれも微益で終えています。

特にその中でも4月15日の取引は、
狙ってスキャをしてしまっていたので、
まず一点はスキャを辞めるということですね。

①スキャをしてしまった

というのも、スキャというのはどうしても損大利小に
なるため勝率を求められます。

自分みたいなへたくそは行って勝率5-6割程度なので、
絶対にやるべきではないです。

仮に目先利益が出ていても、いずれ損大になって損失になります。

②エントリーとSL、TPの時間軸がずれている

エントリーは4時間足確定まで待って、4時間足が陽線上髭なし高値更新を確定し、
更なるトレンド進行を見てロングしているのに、
SLの根拠が1時間足になっている。

この結果、短期的な値動きに狩られる可能性が出てきて、
1時間足ベースの確定を追ってしまい、
成行で決済してしましました。

この時間軸のずれも、
この後の反省と同じなので、今週修正します。

動画

SILVER

取引内容

エントリー時間取引種別数量価格決済時間決済価格損益
2021/04/08 09:07:02buy0.0125.3052021/04/12 16:53:1224.934-2030
2021/04/08 09:07:11buy0.0125.3092021/04/12 16:53:1224.934-2051
2021/04/14 09:12:34buy0.0225.4582021/04/14 09:40:0725.492370
2021/04/14 15:00:58buy0.0225.4242021/04/14 16:17:2225.260-1788

損切3回と微益確定1回の取引になりました。

値動きへの反省点

SILVERでの反省点は、先ほどのGOLDと同じ三尊の優位性判断ですね。

戦略への反省点

ここが、SILVERの大きな反省です。

リスクの調整があまりにも根拠がなくなんとなくで取っている

SILVERの上二つは、1トレードなのですが、
普段なら許容損失額を2000円に設定していますが、
このトレードは4000円に設定していました。

この設定の仕方に根拠がなかったのです。

なんとなく上に行きそうで許容損失額を上げていました。

それから、もう一つは
GOLDと同じく、時間軸のずれ。

日足の下降ウェッジの抜け方が、
日足ベースで全然よくなかったのに、
下位足だけを見てエントリーしてしまいました。

動画

AUDNZD

取引内容

エントリー時間取引種別数量価格決済時間決済価格損益
2021/04/12 15:42:05buy0.031.083932021/04/14 06:12:211.08053-787
2021/04/12 15:42:31buy0.041.083922021/04/14 06:12:211.08052-1053
2021/04/12 15:43:07buy0.021.083982021/04/14 06:12:211.08398-535

3つで1トレードです。
損切取引になりました。

値動きの反省点

逆デルタの優位性判断を誤りったところです。

逆デルタの優位性は主に3つで判断します。

  • しっかり見える急騰
  • 大衆が意識する頭を抑えるトレンドライン
  • 急騰前水準に食い込む

その他、細かくはありますが、
大まかにチェックするのはこのあたりです。

AUDNZD 4時間足

4時間足を見ると急騰はない、トレンドラインは1時間足レベルでしか見えない
という状況でした。

それに対して、4時間の逆デルタを見てロングを仕込みあえなく損切になりました。

逆レは1時間足では起きていたのですが、それを4時間足レベルまで見てしまったという形です。

これも、結局は時間軸のずれがあるのですが、
値動きの反省は逆レの判断です。

ちなみに、GOLDの場合は以下の写真の通り、
急騰前水準に食い込んでいないことが迷い上昇の原因になりました。

好きなパターンなので確実に取れるように再度検証します。

動画

来週の改善点

  • 三尊と逆デルタの優位性判断について検証
  • エントリーとSLの設定・エントリー根拠の時間軸のずれを正す
  • スキャをしない

このあたりが、改善点ですね。

特に、優位性判断とスキャは、
注意深く見たり、意識するだけでできることなので、
すぐに改善です。

根拠やSLとのずれは、
エントリーに対して検討する時間をしっかり持つことが
大事かなと見ています。

すぐに改善できる点なので、今週はこの点を意識しながら
ルールを守って取引します。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA