取引戦略

週間損益レポート(2021/04/17~)

FX

取引履歴

今週の取引履歴は以下の通りです。

損益は、-21640円になりました。

詳細レポート

詳細レポートでの分析は、こちらになりました、

  • 利益確定額 1049円
  • 損失確定額 22689円
  • プロフィットファクター 0.05
  • トータル18ポジション、10トレード
  • 利確トレード1回、損確トレード9回
  • 利確ポジション2つ、損確トレード16

アベレージの利確は525円、損失が1418円になりました。

目標とする損小利大とはまるで逆の結果となりました。

反省点

今週はエントリーが早すぎることが多くなりました。

まだ、大きく値幅を動かせる節目規定や節目明確化がない段階での
早期エントリーで、SLにかかること取引が増えました。

CADJPY、USDCADなどは特にそれで計3回損失取引をしています。

週足、日足レベルのチャネルに4時間足以下の確定だけを見てエントリーしていたり、
4時間足以下の足だけで下落方法に行きそうという判断でエントリーするも
日足確定では全然下落強くは見えないところでエントリーしていたり、

他にも上位足の流れを重視せず下位足での確定で方向性を決めて取引していました。

多くは、日足以上では方向性明確なのに、4時間足以下で惑わされてエントリーできなかったり、
逆に日足以上では方向性見えないのに、4時間足以下で日足以上の大きな値動きを取りに行ったりと、

日足以上と4時間足以下で判断の軸がずれていることが多かったです。

GBPJPY

例えば、この図はGBPJPYの日足(左図)と4時間足(右図)です。

日足では上向きチャネルを形成後上限から下限への急落からセンターラインでの陰線ピンバーと、
典型的なチャネル割れに向く形の一つなのですが、

その確定後4時間足以下で右図の黄色矢印部分の
一時的な上昇にビビッてエントリーできませんでした。

後付けですが、日足は陰線ピンバーから陰線コマ。
何も4時間足の上昇は表面化していません。

CADJPY

次はCADJPYですが、

日足で形成しているチャネルに4時間足の陽線ピンバーで張り付く形に
ロングしてその後安値一過性割れでロスカットになりました。

結果4時間足ロングエントリー後、日足引けで陰線ピンバーになり、
週引けにかけて日足が陽線下髭ピンバーになりました。

このように、時間足のずれが今週は多かったです。

他にも、ただ実力不足なのは間違いないですが、
今週は焦りが見えてよりミスが多くなった、
感情的に判断していることが多かったです。

来週

まずは、狙っているチャートパターンや値動きは
どの時間軸なのかを間違いなく把握し、
それを大前提に取引することを来週の目的とします。

感情的に判断せず、存在しない機会損失にビビらず、
淡々と待つことがミスを減らす一つの方法だと思うので、
そのあたりも意識して取引します。

株式

個別株式の保有銘柄に変化はありません。

仮想通貨

仮想通貨ですが、先週急騰していたMONAが
一気に急落しており結構びびっていますw

ですが、下で買えているのもあり、
週足確定まで見るというところで、
まだ決済していません。

ですが、ここまで急騰急落があると、
またまあ良いが強くなる時間帯に突入するので、
一旦売ろかなと検討しています。

まとめ

今週は、感情的に取引をしてしまった週でした。

結果にもその内容が表れており、今一度自分を見つめなおすきっかけになりました。

4月月次プラスはだいぶ難しくなりましたが、
来週もあきらめずに頑張ります。

YouTubeライブでも感情的になり視聴者の方に不快な映像を流してしまい、
大変申し訳なかったですが、私自身のリアルを公開するというモットーも
ありますので、引き続き来週もライブできるときはしたいと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA