週間損益まとめ

週間損益レポート(2021/05/02~)

この記事では、2021年05月02日からの一週間の損益を、
全て公開し、その取引の内容をおおまかに紹介しています。

各取引の内容は、別記事で取り上げることがありますので、
ぜひチェックしてみてください!

取引履歴

今週は、2ポジション2トレードで終わりました。

2トレードとも損切で、損益は

-4119円

となりました。

今回は、取引詳細レポートは省略します。

トレード反省点

今回のトレードの負け方は、以下のような形です。

  1. GBPNZD
    • 利確ラインが遠すぎた
  2. SILVER
    • 方向性は合っていたが、エントリーを早まり損切。その後、想定方向に急騰

このような負け方で、2トレード損切になりました。

GBPNZD

エントリー時の戦略は、以下の記事に書いておりますので、
ぜひごらんください!

こちらは、GBPNZDの4時間足です。

エントリーおよび利確は青矢印です。

決済目標は、300pips上の水準でしたが、
含み益が200pipsほど出た段階で失速し、
急落展開になり週足は唯一ショートドテンシナリオになる、
上髭陰線ピンバーになりました。

週足はこのような形です。

エントリー時は、週足陽線ピンバーまで許容で、
陰線ピンバーなら損切になると最初から割り切っていたので、
想定通りの損切ではありますが、
やはり200pipsの含み損が損切というのはきついですねw
※本当は、あまり何も思ってませんが。。。

ここで、来週ドテンするかですが、
そのあたりは慎重に見極めていきます。

他銘柄でもっといい銘柄があるならそちらを狙います。

SILVER

SILVERも同様にこちらの記事に、
戦略等は記載しておりますので、
ぜひご確認ください!

こちらは、SILVERの1時間足です。

エントリー及び損切は赤丸部です。

狙いは、先ほどの記事にもありますが、
週足逆三尊形成からの上昇狙いでした。

週足を見ると、想定通りに逆三尊右上がりで上昇に転じています。

しかし、損切しているわけです。

このミスは、
「短期(日足以下)では、レンジ上限を明確にする動きがないままネックラインを超えたため、
一過性上昇の予兆があったにもかかわらず、高値での調整限定的な4H以下の押し目でエントリーし、
一過性上昇が終わり一度深い調整をかましてきたところに狩られる」
という取引で起こりました。

要は、「週足ベースでは優位性があったが、その中身を見ると抜けるタイミングが早かった」
ということです。

で、自分はその早すぎる抜けに乗ってしまったという取引です。

時間的習性は頭に入っていましたが、
週足大陽線で引けるという想定がそもそも頭にありませんでした。

しかし、普通に考えると、
「週足優位性ある右上がり逆三尊を形成している」ことから
「週足は大陽線になる可能性がある」と
考えるのがセオリーですね。

このあたりの、上位足の考察が
まだまだ「上位足→下位足→上位足」の流れで分析ができていない証拠ですね。

また、損切後に、
「ここで一度調整してくるなら週足大陽線は自然だな」という
損切後のシナリオを想定していなかったことも敗因の一つです。

まだまだ、上位足と下位足の複合的な視点が持てていないときが多いので、
このあたりを分析しながら改善していきます。

まとめ

今週は、非常に取引回数が少なくなりましたが、
負けないというい観点では、
非常に生存力が高いやり方かなと思っています。

また、トレード以外でも、このブログも含めて
楽しめていることがたくさんあるので、
その甲斐もあって、自然に取引回数が減り、
メンタルの安定にもつながっています。

負けてはいますが、あせらずこの方法を続けていきたいと思います!

最後までご覧いただきありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA