為替

USDJPY遂に??|為替分析

この記事では、2021年06月05日のUSDJPYのチャート分析から
今後の想定シナリオを考察します!

しばらく週足ではトレンドラインに乗った状態ですが、
このトレンドライン守れるのか!?

今後の想定シナリオ

まず、今後の想定シナリオですが、
おそらく週足トレンドラインを割ってくると思います。

この週足トレンドライン割ってくるタイミングが非常に重要ですので、
引き続きチャートから分析していきます!

チャート分析

月足

月足は、依然下落チャネルの中でレンジを形成しています。

直近は、ボラを拡大する上昇圧力があったものの、
先々月は下髭の陰線ピンバーで、
先月はここにインサイドするコマを形成し、
ピンバーインサイドを継続させています。

このピンバーを下抜けするのか上抜けするのかで、
今後の方向性が決まると思っています。

去年に形成した大きなコマの中にはずっとインサイドしていて、
この上下限を抜けない限り方向性が出ないと思っています。

週足

週足では、トレンドラインが明確に見えている状況で、
直近の上昇は乱高下に変わっており、
圧力がどんどん弱まっております。

このトレンドラインでしばらく右往左往していて、
どんどん明確化していってます。

トレンドラインを割れた時は
ある程度のインパクトのある下落が期待できるのではいないかと思っていますが、
一方で直近高値まで引き付けてもおかしくはないなと見ていますので、
ある程度確信できる値動きがあったら、
リスクを抑えながら戦っていきます。

日足

日足で見ても、
トレンドラインに張り付いている様子は明確で、
後は割れるだけという状態が続いています。

また、トレンドラインを試すときに
前回の押し安値を明確に割ってからの流れという点からも、
今後下落に転じることが考えられると思います。

後はタイミングの問題ですね。

今週が週足ピンバーで引けているため、
来週がその時になる可能性が大いにあると思って来週は監視していきます!

今後の想定シナリオまとめ

週足レベルでは、トレンドライン割れを第一戦略にしていきます。

その上で、直近高値まで試すのか、
来週日足で三尊等を作って下落に転じるのか、
そのあたりを見ていきます。

おそらく多くの投資家がこの流れを狙っていると思うので、
一過性上昇等が来たらチャンスかなと思って見ていきます!

まとめ

今回は、USDJPYの今後の想定シナリオを考察しました!

最後までご覧いただきあるがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA